株式会社串カツ田中ホールディングス|NEWS ニュース | 串カツ田中 『ドライブスルー八百屋』とタッグ『もったいない野菜セット』の販売を開始 


NEWS お知らせ

株式会社串カツ田中ホールディングス

NEWS

串カツ田中 『ドライブスルー八百屋』とタッグ『もったいない野菜セット』の販売を開始

2020/04/20

株式会社串カツ田中ホールディングス(本社:東京都品川区東五反田、代表取締役社長:貫 啓二、以下:串カツ田中)は、2020年4月21日(火)から取引先企業である株式会社フードサプライ(本社:東京都大田区東海、代表取締役:竹川 敦史、以下:フードサプライ)と協力し、外出自粛要請の影響で使用されなかった野菜を『もったいない野菜セット』として、関東営業中店舗での店頭販売を開始いたします。
 『ドライブスルー八百屋』を手掛けるフードサプライのノウハウを活用し、余剰野菜を店頭販売という形で販売することでステイホーム活動へ貢献するとともに、契約農家の生産活動を少しでも助ける効果も期待しています。
 串カツ田中は、取引先企業の皆様、生産者の皆様、お客様をはじめとする関係者の皆様と協力しながら、前代未聞の難局を乗り越え、様々な工夫で外食産業を活性化する活動を続けてまいります。

『もったいない野菜セット』販売開始の背景について
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う政府及び自治体の緊急事態宣言を受け、飲食店の休業や時短営業が相次ぐなか、供給側である生産者も納入先が減少しており、苦労して育てた野菜等の行き場がなくなっている状況がありました。 串カツ田中も直営店で繁華街を中心に41店舗を休業する事態となり、多くの食材取引がなくなることになりました。そこで『ドライブスルー八百屋』を開催しているフードサプライと協力し合うことで店舗で使用する予定であった野菜を直接お客様に販売し、少しでも生産者を助ける活動になるならとこの度の提携となりました。
『もったいない野菜セット』販売の効果について
・生産者を守る
・食材の廃棄ロスを防ぐ
・契約農家から直接仕入れるので、新鮮な野菜を店の軒先で気軽に購入できる
・ドライブスルー八百屋商品を車で行くことなく身近な店舗で購入できる
・店頭販売をすることで小売店舗等で並ぶことなく購入できる
・セット販売のため、商品購入時間・接触時間の短縮につながる
・店頭で元気よく販売することで、街を明るくすることができる
・店舗の売上にもなり、外食産業を守ることにもつながる

『もったいない野菜セット』販売詳細
【日程】
2020年4月21日(火)~
フードサプライと協力を頂きながら期間を設定いたしますが、自粛期間中は継続的に開催する予定です。
【対象店舗】
随時拡大中、詳細は各店へお問い合わせください。 
【商品内容詳細】
契約農家からの直送野菜数種類のセット販売
【価格】
1,500円(税抜)
【注意事項】・仕入れ状況により、販売される野菜の種類・品数は変更されることがございます。


株式会社フードサプライについて】
設立:2009年4月27日 資本金:8050万円 代表取締役:竹川敦史
本社:東京都大田区東海1-3-6 プロロジスパーク東京大田6F 事業内容:業務用野菜の卸売販売
URL:http://www.foodsupply.co.jp/
理念に“YASAI LIFE LINE”というキーワードを用い、自社を「野菜の流通」、「八百屋」ではなく「野菜のライフラインをつくる企業」と定義。東京・千葉に物流センターをかまえ、「流通業を行う企業」ではなく「新しい流通をつくる企業」として「ドライブスルー八百屋」をはじめとした新しいモデルを構築し続けている。
「ドライブスルー八百屋」の取組はこちら URL:http://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/