NEWS お知らせ

内定者も、アルバイトも、社長も一緒に 全力で楽しむことが田中流! 第4回串カツ田中大運動会を10月2日に 駒沢オリンピック公園総合運動場にて開催しました。

2018/10/03

内定者も、アルバイトも、社長も一緒に
全力で楽しむことが田中流!
第4回串カツ田中大運動会を10月2日に
駒沢オリンピック公園総合運動場にて開催しました。

~参加者約550名、新種目にeスポーツを導入~
 
株式会社串カツ田中ホールディングス(本社:東京都品川区東五反田、代表取締役社長:貫 啓二、以下:串カツ田中)は、「第4回串カツ田中大運動会~楽しむセンスを磨け!~」を2018年10月2日(火)、駒沢オリンピック公園総合運動場内屋内球技場にて開催いたしました。
 

【実施概要】
〔イベント名〕第4回串カツ田中大運動会~楽しむセンスを磨け!~
〔開催日〕2018年10月2日(火)11:00~16:00
〔会場〕駒沢オリンピック公園総合運動場内 屋内球技場(〒154-0013 世田谷区駒沢公園1-1)
〔参加者〕総勢約550人(串カツ田中の取締役、東日本の約70店舗の社員及びアルバイト、本社社員、2019年入社内定者)
〔内容〕
第4回となる今年は、バブルサッカーや球技、リレー、串カツ田中にまつわる〇×クイズなどを10チーム対抗で本気で競い、優勝チームを決定しました。また、いちばん仲間と楽しみ、仲間を楽しませるセンスがあったチームも決定し、優秀チームには今回特別に作ったTシャツや帽子を贈呈しました。
串カツ田中の運動会は2015年から毎年行っています。社員からの「運動会って楽しそう、やりたい」という声があがったことがきっかけです。社員がすべて企画し運営しています。
 

集合写真

【昨年と違う点】
1)内定者も参加…社員、内定者同士の交流
2)新種目にeスポーツを導入…運動が苦手な者でも強みを発揮し楽しめる
3)参加人数…昨年は約400人、今年は約550人と年々増加している
 

左:応援 右:eスポーツ対戦中

 【目的・ねらい】
  • 自店、他店舗の従業員との交流
  • 従業員満足度・定着率の向上
  • 働き甲斐の向上
  • 楽しむセンスを磨く
⇒楽しめる場や成長する機会を提供し、笑顔で仕事ができる環境にしていくことが目標
 
代表取締役社長の貫啓二は「仕事を楽しむことが、社会人として成功するため近道であり、何事も楽しめるセンスを磨くには運動会はとても有効な場だ」と話しました。
また、「楽しい会社にすることが、従業員満足度向上に繋がる。その方法は決まっているものはなく、今回よりも次回、今年よりも来年と、ブラッシュアップを続けていくことが大事だと思う」とも話しました。

今後も串カツ田中は従業員が楽しめる場や成長する機会を提供し、笑顔で仕事ができる環境づくりをしていきます。
 

2018年運動会Tシャツ

【プログラム】
11:00 開会式/社長の言葉/選手宣誓 他
 ガチバスケ
 借り人競争
 バブルロワイヤル
(13:00 休憩)
 綱引き
 玉入れ
 リレー予選
 串カツ田中の○×クイズ(全員参加)
 ガチドッチ
 リレー 本選
 午後から同時進行:eスポーツ
16:00 閉会式/表彰式

【株式会社串カツ田中ホールディングスについて】
設立:2002年3月20日 資本金:3億円(2018年6月1日現在) 代表取締役社長:貫 啓二
本社:東京都品川区東五反田1-7-6 藤和東五反田ビル5階 事業内容:飲食店の経営、FC開発
URL:http://kushi-tanaka.co.jp/  グループ会社:株式会社串カツ田中
 
「串カツ田中」の単一ブランドで関東圏を中心に全国規模で飲食事業を展開。「串カツ田中の串カツで、一人でも多くの笑顔を生むことにより、社会貢献する。」が企業理念。全国1,000店体制を構築し、串カツ田中の串カツを日本を代表する食文化とすることを目標にしている。2008年に世田谷に1店舗目をオープン。外食アワード2013受賞。2016年東証マザーズ市場上場。2018年6月より国内全店規模で禁煙化実施。